紀州東照宮(きしゅうとうしょうぐう)

和歌山県
和歌山市和歌浦
に鎮座する神社江戸幕府初代将軍徳川家康を神格化
した東照大権現
紀州藩初代藩主徳川頼宣を神格化した南龍大神を祀る。

元和7年(1621)に徳川家康の十男である紀州藩祖・徳川頼宣により南海道
総鎮護として創建され、関西の日光とも称される。本殿は伝・
左甚五郎作の彫刻や
狩野探幽
作の襖絵がある。

東照宮は、雑賀山に位置する。雑賀山は和歌浦湾の入り江を眼下に納め、右手には
天橋立のような片男波の砂嘴が延び、左手には北岸をみるまさに「扇の要」の位置で
ある。西には天満宮が、東には玉津嶋神社が位置する。
元和5年紀州初代藩主として入国した徳川頼宣(160271)により、東照大権現を祀
る東照社として建立された。頼宣の紀州入国とともに計画され、元和6年(1619)起工、
元和7年(1620)に竣工・遷宮式が行われた。『
紀伊続風土記』によれば、境内は方
八町で、宮山周囲50町余りであった。現在は頼宣も合祀している。かつての
別当寺
天曜寺

東照宮の例祭は、元和8年に趣向を凝らした絢爛豪華な風流(ふりゅう)の祭りとして
創始されているが、江戸時代には、国中第一の大祭であった。諸国から多数の見物人
がきたという。明治以降も和歌祭りと呼ばれて、大勢の観衆を集め、親しまれた。近年
復興されている。

                   百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

                唐 門

                   拝 殿

               東照宮会館


ハ                  
キキキキキキキキキキキキキキキキキキキキ   トップペ-ジへ