雲上散歩 2  (撮影 湘南山キチ爺様)

鳳凰三山(ほうおうさんざん)

鳳凰山は山梨県赤石山脈(南アルプス)北部の以下の三つの山(地蔵ヶ岳・
観音ヶ岳・薬師ヶ岳
)が鳳凰三山
と呼ばれている。

実際には、赤石山脈の本流(県境)からは外れており、その支脈は、甲斐駒ヶ岳
の南の駒津峰から始まり、仙水峠、
アサヨ峰、高嶺と続くが、甲府盆地前面に張り
出しているため、
白峰三山仙丈岳、甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳秩父山地甲府盆地
などの眺めがよく、
日本百名山に数えられている。

茶色っぽい山が多い南アルプスの中で、甲斐駒ヶ岳とともに例外的に花崗岩の白い山肌と
なっている。また、南アルプスの中では比較的
高山植物の乏しい山である点も甲斐駒ヶ岳と
共通している。地蔵ヶ岳の山頂部は地蔵仏(地蔵ヶ岳オベリスク)と呼ばれる巨大な尖塔があり、
甲府市内からその姿を見る事が出来る。この山域の象徴的存在である。

              フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

  薬師岳と富士山 (写真では見えませんが雲海の下が甲府盆地)
           乗鞍岳山塊
         生花(オブジェ)?と地蔵岳
         仙丈岳・左乗鞍・右穂高・槍
         オベリスクを頂きに持つ山が地蔵岳
            赤抜の頭の顔面岩
              赤抜の頭の菩薩岩
           地蔵岳と八ケ岳連峰
            地蔵岳ルンゼを攀じる
ccccccccccc左遠方から、富士外輪山塊、身延の七面山、早川の
ccccccccccc谷を挟んで笊ヶ岳、赤石岳、悪沢岳、農鳥岳、間ノ岳
、北岳