トト第4回
ソソ 2012.4.7
シャクナゲ街道トレッキング3

プーンヒル (ダウラギリ展望台)
デウラルパス
(シャクナゲ街道)


アンナプルナとダウラギリの二大山群の間に位置するゴレパニは、ネパール
ヒマラヤ屈指の展望地。7,000m8,000m峰の大パノラマが展開し、ここから
名峰ダウラギリⅠ峰を眺めることができます。
早朝、さらに先の展望の丘・プーンヒルまで足を延ばせば、朝焼けのヒマラヤ
名峰群を望むことができます。夜明け前にゴレパニを出発し、プーンヒルで
朝日を待ちます。
太陽に照らされて輝くアンナプルナ山群の圧巻の景色見る事が出来ます。

4月7日プーンヒルからの ダウラギリ展望とシャクナゲ街道

 寄稿  名古屋市在住 秋里 信彦 様


日の出前にロッジを出発してプーンヒルへ暗闇の中、ヘッド
ランプを点け登る。ゴレパニに宿泊している各国のトレッカーが、
プーンヒル目指して一斉に登り始めるので、登山道は大渋滞、
やっとの思い出で頂上へ。日の出を待つが標高3100mの山頂、
しかも夜間晴れていたので霜が降りとても寒い、シャツターを押
す手が凍えカメラの電池も寒さでパワーが低下、電池交換を度々
することとなった。
 
 

dddd.ダウラギリ(8.167m)手前がシャクナゲ群生林(プーンヒルから)

        シャクナゲ群生林(プーンヒルから)

dddddddddプーンヒルの 展望台(3.193m)

ddddddddd朝日をあびる ダウラギリ(8.167m)

     アンナプルナ南峰(7.219m

 アンナプルナ南峰(7.219m と左 アンナプルナ(8.091m

 プーンヒルの降り道からゴレパニの集落
 プーンヒルから帰り朝食の後シャクナゲ街道へ

        
       行程表へ